アーカイブ

Archive for the ‘Presentations’ Category

APA (2021)

7月 31, 2021 コメントを残す

今年2021年のアメリカ心理学会(APA: American Psychological Association)が8月12日から14日までオンラインで開催されます.そのメインステージのスピーカーの一人として,PTGに関するインタビューに答えました.

  • PTGとは何ですか?人によって違うんですか?
  • トラウマを経験した後成長に向かって踏み出す最初の一歩はどういうものですか?
  • PTGを促進するためには専門家による援助が必要ですか?
  • 自分自身ではPTGを経験するためにどんなことをしていますか?

Taku, K. (2021, August). Growing from our Traumatic Experiences. Invited interview for the Main Stage session, “The Science of Resilience – Bounce Back from Adversity”, at the 129th American Psychological Association (APA) Annual Convention, Online.

カテゴリー:Presentations

APA (2014)

8月 11, 2014 コメントは受け付けていません

8月7日(木曜日)から10日(日曜日)まで,ワシントンDCで開かれたAPA(American Psychological Association:アメリカ心理学会)の学会に参加し,研究発表をしてきた.研究室のメンバーのポスターが表彰されるなど嬉しい出来事もたくさんあった.写真等はこちら(研究室のホームページ)をクリック.

最も強く印象に残ったことは,(1)PTGを支持している研究者とPTGに批判的である研究者の対話に参加できたこと,(2)個人主義かつ自己愛がますます高くなっている現在の状況に対して歯止めをかけようとする動きが思っていた以上にあること,(3)DSM-Vの問題点にまつわる議論のみならず,DSMにかわる基準やマニュアルを作ろうとする動きが出てきていること,そして(4)政治,社会問題や環境問題などに心理学が貢献しようとする可能性についての研究も増えていること,である.この4点はどれも私の研究テーマに直接関連しているので,今後の方向性を考えるにあたっていい材料になると思う.

カテゴリー:Presentations タグ: ,