ホーム > Uncategorized > Su & Chen (in press)

Su & Chen (in press)

1月 10, 2015

Su Yi-Jen, & Chen Sue-Huei. (in press). Emerging posttraumatic growth: A prospective study with pre- and posttrauma psychological predictors. Psychological Trauma: Theory, Research, Practice, and Policy. doi: 10.1037/tra0000008

PTGについての研究で縦断的なデータを扱ったものは多くない.PTG(心的外傷後成長)という概念の特徴から,どうしても研究は後手にまわりがちだ.とは言っても縦断研究が全くないわけではないので,そんな中から,冬休み中に共同研究者から紹介された論文をレビューしたい.これは台湾の研究者によるもので,まず810名の大学生からデータを取り,その2ヵ月後にも参加した592名の中から,この期間内にトラウマを経験した110人をデータ分析の対象としている.この研究のウリは,トラウマを経験する以前の個人特性がPTGに及ぼす影響を縦断で見ることができた点にある.いくつか主要な結果があるけれど,私が最も大切だと思う結果は,パーソナリティの神経症傾向がPTGを予測しなかったという点だ.この「神経症傾向とPTGの間に負の相関がない」という知見は,PTG研究一番最初のTedeschi & Calhoun (1996)でも既に見出されている.これは,PTGとレジリエンスの質的な違いを示す重要な証拠だと思う.

  • 研究の目的:本研究では3つのリサーチクエスチョンを明らかにする.一つ目はトラウマが生起する前の心理的要因(神経症傾向,熟考や気晴らしといったコーピングスタイル,それまでの時点つまり過去に経験したトラウマ,調査時点での抑うつ傾向,PTSD症状,そして自分自身や社会に関してポジティブな信念を有していること)が,トラウマが生起した後のPTGを予測しているか.二つ目は,トラウマが生起した後の要因(中核的信念の問い直し,意図的熟考,ソーシャルサポート)をコントロールした上で,上述のトラウマが生起する前の心理的要因はPTGを有意に説明しえるか.そして三つ目は,トラウマが生起する前の心理的要因,トラウマが生起した後の要因,そしてPTGの間にどのような関係があるか,である.
  • 研究の方法:2ヶ月をはさんで,2度の調査に参加し,かつこの2時点の間にトラウマを経験した110名の大学生が分析対象として抽出された.報告されたトラウマの中で頻度が高かったのは,自然災害(30.9%),大切な人が命を脅かされるような大変な出来事を突然経験したということ(19.1%),そして近しい友人や大切な人の突然の死(16.4%)であった.初回の調査では,神経症傾向やコーピングスタイルなどについて質問紙に回答してもらい,二回目の調査では,PTGや意図的熟考等について回答してもらった.ちなみにPTGは,PTGIを使ったのではなく,自由記述で回答を求め,それを研究者が評定した.
  • 研究の結果:分析対象者の内,31.8%は全くPTGを経験していなかったが,残りは多かれ少なかれPTGを報告した.また,PTGに出来事からの時間経過の長短は無関係であった.単純相関係数から,神経症傾向やトラウマ以前の抑うつ傾向,PTSD症状はPTGとほぼゼロの相関を示していた.階層的重回帰分析の結果,トラウマ以前の要因の中で唯一PTGに影響を及ぼしていたのが熟考というコーピングスタイルであり,その他はすべて無関係であった.またトラウマ後の要因はすべてPTGと関連していた.さらなる分析の結果から,トラウマが起きる以前の「熟考というコーピングスタイル」は,トラウマが起きた後の「意図的熟考」を導くがゆえに,PTGに寄与していることがうかがえた.
  • 研究の考察:大枠において,本研究はTedeschi & CalhounのPTGモデルを支持する結果であったと言える.トラウマが起きた後,そのことによって自分が信じてきたことが揺さぶられたという自覚があり,出来事や経験を意図的に熟考し,サポート資源を有効に活用することによってPTGが高く経験されていた.トラウマが起きる以前のパーソナリティの一つである神経症傾向がPTGと無関係であるという結果は,先行研究の結果と一致している.トラウマが起きる以前から持っていた対処方略の一つとしての熟考が影響を及ぼしていたが,それはこの習慣が後の意図的熟考を導いたからだと言えよう.
  • 本研究の問題点:一つ目は大学生が対象であったという点.二つ目は「トラウマ」として報告された内容のいくつかが間接的な性質を持っており,直接的なトラウマを経験した人のみを対象とする場合よりも,トラウマが信念を揺さぶったその衝撃の程度が弱いかもしれない.三つ目はPTGの測定にあたって自由記述をこちら側が評定したという点である.PTGI等の尺度を使うべきであったかもしれない.四つ目はトラウマからの経過時間が短すぎたという点.そして五つ目は,トラウマ後の要因の測定とPTGの測定が同時になってしまったという点である.

繰り返しになるが,私が大事だと思うのは,やはり神経症傾向とPTGが無関係という点.個人特性であるレジリエンスと神経症傾向を調査している研究では両者に負の相関が見られることが多い.これは両者の概念構成上,当然のことだといえよう.両者に負の相関が見られるからこそ,レジリエンスは「ポジティブ」な特性を表しているし,「ポジティブ心理学」の範疇に入るのが自然だと思われる.でも,PTGは「ポジティブ心理学」には入りにくい.神経症傾向と無相関.そして抑うつにつながる「熟考・反芻」と正相関する.ストレス反応ともたいていの場合,弱いながら正相関する.「ポジティブかネガティブか」という次元のどちらにも転ばないところにPTGを研究する意味があるのではないだろうか.

今,私は,共同研究者から紹介された「愛を科学で測った男:異端の心理学者ハリー・ハーロウとサル実験の真実(デボラ・ブラム著;藤澤隆史・藤澤玲子訳(白揚社)」を読んでいる.ものすごくおもしろい.当時の社会的な状況や歴史的な背景の中で,「愛情」「愛着」というものを測ろうとしたアイデアとか情熱には学ぶ点がたくさんある.それにしてもまさかハーロウがAbraham Maslowの指導教官だったとは驚いた.でももっと驚いたのは,Maslowが当時の大学の状況について「Two articles are good; four are twice as good. It’s all very mathematical apparently. There is a direct relationship between number of articles published and your “goodness” as a psychologist (P.81)」と文句を言っていたことだ.2015年の私たちが言っていることと全く同じ.

以上.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。